ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ観光情報イベント
観光イベント

古田歌舞伎公演

開催時期:毎年10月下旬

古田歌舞伎は、江戸時代末期に歌舞伎役者の「尾上竹三郎」が古田地区に長く慰留し、地区の人々に歌舞伎を指導したのが始まりといわれる農民芸能です。

昭和30年代に一旦途絶えたものの、昭和61年に復興公演が行われ、平成4年には町無形文化財にも指定されました。今では古田地区はもちろん、町を上げての催しとなっています。


郷土古田≠ノ受け継がれる心と技の伝承芸能


次世代へ受け継がれる郷土への誇りと熱意が古田歌舞伎の魅力です!

古田歌舞伎は、37演目の中から、2月にその年の演目を決め、準備が始まります。7月から稽古が始まり10月末から11月初旬の頃上演します。

現在は地区の若い人たちが上演するほか、昔の台本を今の読みに直したり、衣装を作り直したり、地区の住民みんなが協力して古田歌舞伎を支えています。


お問い合わせ

教育委員会教育振興課 生涯学習担当(おぐに開発総合センター内)


トップ観光情報イベント
イベントへ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ