サブナビゲーション

白い森の国ふるさとおぐにフォトコンテスト 〜新町50周年記念〜
平成16年度 受賞作品一覧

 

自然写真家の鈴木一雄先生をはじめとする審査会により、次のように各賞が決定いたしました。


【一般の部】

最優秀賞作品「初夏の清流」

最 優 秀 賞

「初夏の清流」 撮影地:温身平 酒井 なみさん(福島県)

【講評】
飯豊連峰から流れ出る雪解け水は、元気よくほとばしっている。 雪国の春の季節感を見事に描いた秀作である。早いシャッター速度で渓流の躍動感を捉えながら、同時にパンフォーカスに描いた高度な技術が光る。

優秀賞作品「古道」

優 秀 賞

 「古道」 撮影地:片洞門
渡辺 貞男さん(新潟県)

【講評】
石造りの橋を上手に生かした画面構成が秀逸である。露出を切り詰めて秋の彩を鮮やかに引き出した狙いもよい。歴史と季節感を調和させながら生み出した作品の完成度は、とても高い。

優秀賞作品「早春」

優 秀 賞

「早春」撮影地:小玉川地内
石井 廉二さん(山形市)

【講評】
何とも心安らぐ風景である。飯豊連峰の麓で一本一本田植えをする光景は、今後ともずっと残ってほしいものだ。静かな空気間の中に、幸せな労働の姿がある。水面の映り込みが効いている。


特別賞作品「氷流のごとく(温身平)」

特 別 賞

「氷流のごとく(温身平)」
撮影地:温身平
江部 勇さん(新潟県)

【講評】
最優秀賞を競った作品であった。音が聞こえてきそうな渓流の表現と画面構成の素晴らしさは、アマチュアの領域を超えていると言ってよい。難しい露出もしっかりと決めている。

特別賞作品「雪花爛漫」

特 別 賞

「雪花爛漫」 撮影地:玉川新田地内
小熊 勲さん(新潟県)

【講評】
最雪深い小国の姿が、ここに捉えられている。しんしんと降り続ける雪の雰囲気を、早いシャッター速度で描いたのが決定的であった。そのことによって、黒い水面を背景に降雪がくっきりと捉えられた。


特別賞作品「芽吹くブナ林」

特 別 賞

「芽吹くブナ林」 撮影地:朴木峠
結城 勉さん(山形市)

【講評】
見事なぶなの新緑である。光線状況も良いし、広角レンズでぶなの全容を捉えているのが高く評価できる。

佳作作品「雪渓を行く」

佳 作 賞

「雪渓を行く」 撮影地:飯豊連峰 石転び沢
南日 伸夫さん(新潟県)

【講評】

作品のレベルとしては、もっと上位に選ばれても良いほどの内容であった。すっきりと晴れ上がり雪渓を登る人達の姿もさわやかだ。


佳作作品「菊と柿」

佳 作 賞

「菊と柿」 撮影地:伊佐領地内
高橋 祐輔さん(新潟県)

【講評】
花が咲き乱れる庭先や熟した柿の実の姿に、のびのびとした小国の魅力が漂っている。遠くの山々の彩りも美しい。

佳作作品「光輝」

佳 作 賞

「光輝」 撮影地:健康の森
星 義道さん(新潟県)

【講評】
技術的にはとても非凡で、作品も力強い。審査基準に小国らしさが求められなければ、もっと上位に行く作品の価値がある。


佳作作品「孤高の山桜」

佳 作 賞

「孤高の山桜」 撮影地:樽口峠
小林 明光さん(茨城県)

【講評】
小国の春を象徴する空気感が、画面いっぱいに満ちている。低い位置から桜を空高く配置したのも力強い。


【町民の部】

最優秀賞作品「清流」

最 優 秀 賞

「清流」 撮影地:玉川新田地内 斎藤 弥輔さん(伊佐領)

【講評】
縦構図の画面構成も、無駄のないフレーミングも、しっかり決まっている。紅葉と渓流を見事に調和させた秀作といえる。低速シャッターで白い流れを絵のように描いた手法も、深い味わいを出している。

優秀賞作品「石転び沢荒れる」

優 秀 賞

 「石転び沢荒れる」 撮影地:飯豊連峰 石転び沢
佐藤 俊一さん(幸町)

【講評】
シンプルな画面構成が、作品の力を強いものにした。ガスっている厳しい雪渓を歩んでいる登山者たちの姿が、印象的である。三人目の人の位置が、この登山の厳しさを物語っている。

特別賞作品「晩秋の樽口峠」

特 別 賞

「晩秋の樽口峠」撮影地:樽口峠
舟山十三子さん(北)

【講評】
見た瞬間に、何とも爽快な気分にさせてくれる作品であった。動きを感じさせる雲の流れと斜面に点在するススキとの対比が、効果的な映像を生み出した。


特別賞作品「残雪とお花畑」

特 別 賞

 「残雪とお花畑」 撮影地:飯豊連峰
木内 茂雄さん(伊佐領)

【講評】
稜線に群生するハクサンイチゲとミヤマキンバイの花畑が、圧巻である。背景の残雪の山々との組み合わせによって季節感も良く出ている。とても爽快だ。

佳作作品「雪の飯豊」

佳 作 賞

「雪の飯豊」撮影地:飯豊連峰
佐野 初男さん(緑町)

【講評】
スケール感のある、雄大な風景である。手前にガスが漂っているシャッターチャンスも良かった。


佳作作品「河原で砂遊び」

佳 作 賞

「河原で砂遊び」 撮影地:小渡地内
遠藤 愛さん(岩井沢)

【講評】
2人仲良く遊ぶ表情が、とても心に響いてくる。のどかで自然豊かな環境の中で、すくすくと育っていくのが分かる。

佳作作品「雲海」

佳 作 賞

「雲海」撮影地:小渡地内
佐藤 一さん(新原)

【講評】
小国町はよく雲海が発生する。その情景を、太陽が顔を出した瞬間にタイミング良く捉えている。


佳作作品「秋彩」

佳 作 賞

「秋彩」 撮影地:大平林道
渡辺 英雄さん(小国小坂町)

【講評】
光芒とススキの輝きが何とも美しく、詩情溢れる作品である。日付がなかったならば、もっと評価が高まった。

佳作作品「横根の大山ざくら」

佳 作 賞

「横根の大山ざくら」 撮影地:横根山
渡辺 クニ子さん(小国小坂町)

【講評】
森の中で気持ちよさそうに咲き誇っている桜の姿が、とても良い。それを素直に描いているのも良い。


佳作作品「秋の清流」

佳 作 賞

 「秋の清流」 撮影地:天狗橋
加藤 直斗さん(岩井沢)

【講評】
作者が小学生と知って驚いた。紅葉・岩・水とが織り成している美しいポイントがしっかりと描かれた。


shop info店舗情報

【問い合わせ】

小国町町役場 産業振興課
山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
TEL.0238-62-2416
FAX.0238-62-5464
E-mail.
sangyo@town.oguni.yamagata.jp