ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ暮らしの情報届出・証明

戸籍の窓口では「本人確認」を行っています

戸籍、住民票を取得する際は「本人確認」が必要になります

平成20年5月1日から、戸籍法、住民基本台帳法の一部改正に伴い、戸籍や住民票を取得する際は「本人確認」が義務付けられています。また、取得できる人も限定されています。


取得できる人

戸籍
戸籍に記載されている人またはその配偶者、直系尊属もしくは直系卑属
※同居している人の戸籍(例:夫の父の戸籍)を取得するという場合でも、委任状が必要になる場合があります。
住民票
本人または同一の世帯に属する人
※上記の人以外からの請求は、必ず委任状が必要です。また、第三者からの請求については、具体的な理由をご記入いただきますので、ご了承下さい。

本人確認の方法として、次のような書類を提示していただきます

@国または地方公共団体が発行した資格証明書などで、顔写真が貼付されたもの

 (例:運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カードなど)

A @の書類をお持ちでない場合は、国民健康保険証と年金証書など、必ず複数の書類を組み合わせて提示してください。

 (例:保険証+年金手帳、保険証+学生証など)



戸籍の届出についても「本人確認」が必要になります

養子縁組、協議離縁、婚姻、協議離婚又は、認知の届出の際に

  • 窓口に来られた方について、戸籍、住民票を取得する際と同様、「本人確認」を行います。
  • 窓口に来られた方が、ご本人と確認できなかった場合、届出が受理されたことをご本人に通知します。
  • 自分自身が窓口に来たことを確認できない場合、届出を受理しないよう、あらかじめ申し出ることができる「不受理申出」を受け付けます。

サイトへリンク 詳しくは法務省「改正戸籍法パンフレット」をご覧ください。(PDFファイル:1,102KB)


トップ暮らしの情報届出・証明
戸籍と住民票と届出へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報保護利用規程画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ