固定資産税

1 土地の税負担の一層の均衝化を図るため、負担調整措置が講じられています。(平成26年度)

(1)商業地

(2)住宅用地


〔負担水準=前年度課税標準額÷新評価額〕