ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ暮らしの情報保険と年金と税金国民年金

年金の給付

年金は、年金を受ける資格ができたとき自動的に支給が始まるものではありません。ご自身で年金を受けるための手続き(年金請求)を行う必要があります。

老齢基礎年金

20歳から60歳になるまでの40年間の全期間保険料を納めたかたは、65歳から満額の老齢基礎年金が支給されます。保険料を全額免除された期間の年金額は1/2(平成21年3月分までは1/3)となりますが、保険料の未納期間は年金額の計算の対象期間になりません。

  • ※平成30年4月分からの年金額 779,300円(満額)
  • ※老齢基礎年金を受けるためには、保険料を納めた期間、保険料を免除された期間と合算対象期間(★)とを通算した期間が10年間(120月)以上あることが必要です。老齢基礎年金の計算式は次のとおりです。
    779,300円×〔保険料納付月数+(保険料全額免除月数×8分の4)+(保険料4分の1納付月数×8分の5)+(保険料半額納付月数×8分の6)+(保険料4分の3納付月数×8分の7)〕/加入可能年数×12
    ただし平成21年3月分までは、全額免除は6分の2、4分の1納付は6分の3、半額納付は6分の4、4分の3納付は6分の5にて、それぞれ計算されます。
  • ★年金額に反映されないため「カラ期間」と呼ばれています。合算対象期間には、○昭和61年(1986)3月以前に、国民年金に任意加入できる人が任意加入しなかった期間、○平成3年(1991)3月以前に、学生であるため国民年金に任意加入しなかった期間、○昭和36年(1961)4月以降海外に住んでいた期間などがあります。(いずれも20歳以上60歳未満の期間)

老齢厚生年金

厚生年金の被保険者期間があって、老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たしたかたが65歳になったときに、老齢基礎年金に上乗せして老齢厚生年金が支給されます。ただし、当分の間は、60歳以上で、○老齢基礎年金を受けるのに必要な資格期間を満たしていること、○厚生年金の被保険者期間が1年以上あることにより受給資格を満たしているかたには、65歳になるまで、特別支給の老齢厚生年金が支給されます。

  • ※特別支給の老齢厚生年金の額は、報酬比例部分と定額部分を合わせた額となりますが、昭和16年(女性は昭和21年)4月2日以降生まれのかたからは、定額部分の支給開始年齢が引き上げられます。昭和24年(女性は昭和29年)4月2日生まれのかたからは、報酬比例部分のみの額となります。

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ−「老齢年金を請求する方の手続き」へリンク


■老齢基礎年金を60歳から65歳になるまでの間に繰り上げて受給したいかた

希望すれば60歳から65歳になるまでの間でも繰り上げて受けることができます。しかし、繰上げ支給の請求をした時点に応じて年金額が減額され、その減額率は一生変わりません。


サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「年金の繰上げ受給」へリンク


■老齢基礎年金を60歳以降70歳までの間で繰り下げて受給したいかた

老齢基礎年金は、65歳で請求せずに66歳以降70歳までの間で申し出た時から老齢年金を繰り下げて請求できます。繰下げ率は、繰下げの請求をした時点に応じて年金額が増額されます。
※特別支給の老齢厚生年金は「繰下げ制度」はありません。
  受給権発生日以降に速やかに請求してください。


サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「年金の繰下げ受給」へリンク



障害基礎年金

支給要件
  • @障害の原因となった病気やけがの初診日が次のいずれかの間にあること。
  •   ・国民年金加入期間
  •   ・20歳前または日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満のかたで年金制度に加入していない期間
  • A障害の状態が、障害認定日または20歳に達したときに、障害等級表に定める1級または2級に該当していること。
  • B初診日の前日に、初診日がある月の2ヶ月前までの期間で、国民年金の保険料納付済期間と保険料免除期間をあわせた期間が3分の2以上あること。

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「障害年金」へリンク



遺族基礎年金

支給要件

被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間が25年以上ある者が死亡したとき。
  ただし、死亡した者について、保険料納付済期間(保険料免除期間を含む)が加入期間の3分の2以上あること。
※平成38年4月1日前の場合は、死亡日に65歳未満であれば、死亡日の属する月の前々月までの1年間に保険料の滞納がないとき。

  • 対象者
  • (1)子のある配偶者
  • (2)子
  •   ※子とは
  •    ・18歳到達年度の3月31日を経過していない子
  •    ・20歳未満で障害年金の障害等級1級または2級の子

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「遺族年金」へリンク



第1号被保険者の独自給付

付加年金

第1号被保険者・任意加入被保険者が定額保険料をプラスして納付すると、老齢基礎年金に付加年金が上乗せされます。

寡婦年金

第1号被保険者として保険料納付済期間と免除期間を合わせた期間が10年以上ある夫が年金を受給しないで死亡した場合、死亡した夫に生計を維持され、かつ婚姻関係が10年以上ある妻が60歳から65歳になるまで支給されます。年金額は、夫が受給するはずだった老齢基礎年金の4分の3です。

死亡一時金

第1号被保険者として、国民年金保険料を36月以上(一部免除で納付した期間は納付率に応じて期間を算出)納めた人が、基礎年金を受けずに死亡した場合、生計を同じくしていた遺族に支給されます。(遺族年金等を受給する場合は、請求できないことがあります)


サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「第1号被保険者の独自給付」へリンク




受付窓口及び問い合わせ先

第1号被保険者期間のみのかた
 町民税務課 住民窓口担当(役場庁舎2階)
  電話 0238-62-2260
  ファックス 0238-62-5482
  Eメール choumin@town.oguni.yamagata.jp
  住所 〒999-1363 山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
    
第2号・3号被保険者期間があるかた
 米沢年金事務所

 電話 0238-22-4318
 住所 〒992-8511 山形県米沢市金池5-4-8
トップ暮らしの情報保険と年金と税金国民年金

国民年金へ戻る ページの先頭へ戻る

個人情報利用規程画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ