ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ暮らしの情報保険と年金と税金国民年金

年金の給付

年金は、年金を受ける資格ができたとき自動的に支給が始まるものではありません。ご自身で年金を受けるための手続き(年金請求)を行う必要があります。

老齢基礎年金

■60歳になったら

厚生年金の加入期間が1年以上あり、老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていれば、60歳から64歳までの老齢厚生年金が特別に支給されます。これをいわゆる特別支給の老齢厚生年金といいます。 年金額は、定額部分と報酬比例部分で計算されます。

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「支給開始年齢(男性61歳、女性60歳)になったとき」へリンク



■60歳以上65歳未満の間に繰り上げて受給したいかた

希望すれば65歳で受けられる老齢基礎年金を60歳から65歳になるまでの間で繰り上げて受けることができます。しかし、繰上げ支給の請求をした時点に応じて年金が減額され、その減額率は一生変わりません。

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「年金の繰上げ受給」へリンク



■65歳になったら

保険料を25年以上(免除期間も含む)納めた方が、65歳になった時から老齢基礎年金受けられます。
 なお、昭和5年4月1日以前に生まれた方は、生年月日に応じて資格期間が21年から24年の範囲で短縮されます。


▼65歳から受給を受けるかた

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「65歳になったとき(厚生年金加入期間が1年未満の方)」へリンク


▼特別支給の厚生年金を受けており65歳になったかた

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ「65歳になったとき(特別支給の老齢厚生年金を受給している方)」へリンク



■年金受給に関する手続

既に年金を受けているかたの住所変更等届出・手続きは、こちらをご覧ください。

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ−「老齢年金を受け取られている方の手続き」へリンク


障害基礎年金

障害基礎年金

  • 20歳前に初診日があり障がい者となった場合、障がいの程度が「1・2級」に該当していれば支給されます。(所得により支給停止されることもあります。)
  • 国民年金の被保険者期間中や、まだ老齢基礎年金を受けていない60歳以上65歳未満に初診日があり障がい者となった場合に、その障がいの程度が「1・2級」に該当していれば支給されます。(初診日までの納付要件があります。)

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ−「障害年金」へリンク


遺族基礎年金

遺族基礎年金

国民年金の被保険者(納付要件があります)および老齢基礎年金の受給権がある夫と死別した妻が、18歳に達する年度末までの子供(障がいがある場合は20歳未満)と一緒に生活しているときに支給されます。子供のみに支給される場合もあります。

サイトへリンク 日本年金機構ホームページ−「年金の受給(遺族年金)」へリンク

第1号被保険者の独自給付

付加年金

第1号被保険者のためのプラス給付の制度で、付加保険料を上乗せして納めた月数に見合う額が付加年金として老齢基礎年金に加算されます。

寡婦年金

第1号被保険者として保険料納付済期間と免除期間を合わせた期間が25年以上ある夫が年金を受給しないで死亡した場合、死亡した夫に生計を維持され、かつ婚姻関係が10年以上ある妻が60歳から65歳になるまで支給されます。年金額は、夫が受給するはずだった老齢基礎年金の4分の3です。

死亡一時金

第1号被保険者として、国民年金保険料を36月以上(一部免除で納付した期間は納付率に応じて期間を算出)納めた人が、基礎年金を受けずに死亡した場合、生計を同じくしていた遺族に支給されます。(遺族年金等を受給する場合は、請求できないことがあります)


サイトへリンク 日本年金機構ホームページ−「第1号被保険者の独自給付」へリンク




受付窓口及び問い合わせ先

第1号被保険者期間のみのかた
町民税務課 住民窓口担当(役場庁舎2階)
電話0238-62-2260
ファックス0238-62-5482
Eメールchoumin@town.oguni.yamagata.jp
住所〒999-1363山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
第2号・3号被保険者期間があるかた
米沢年金事務所
電話0238-22-4318
住所〒992-8511山形県米沢市金池5-4-8
トップ暮らしの情報保険と年金と税金国民年金

国民年金へ戻る ページの先頭へ戻る

個人情報利用規程画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ