ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ暮らしの情報保険と年金と税金国民健康保険

高額療養費の支給

内容

1ヵ月の医療費の自己負担額が高額になったとき、申請をして認められると、限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。

必要書類

  • 保険証
  • 印鑑
  • 医療機関の領収書
  • 口座番号の分かるもの
  • 高齢受給者証(70歳以上のかた)

自己負担限度額(月額)

▼70歳未満のかたの場合
対象 3回目までの限度額 4回目以降
一般 80,100円
+医療費が267,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
44,400円
上位所得者 150,000円
+医療費が500,000円を超えた場合は、その超えた分の1%を加算
83,400円
住民税非課税世帯 35,400円 24,600円
  • 上位所得者とは基礎控除後の総所得金額等が600万円を超える世帯の人です。ただし、所得の申告がない場合は上位所得者とみなされます。
  • 同じ医療機関でも入院と外来、医科と歯科は別々に計算し合算しません。
高額療養費の支給が4回以上あるとき

同じ世帯で過去12ヶ月間に、4回以上高額療養費の支給を受けた場合、申請することによって、「4回目以降の限度額」を超えた分が支給されます。

同じ世帯で合算して限度額を超えたとき

同じ世帯で、同じ月内に、21,000円以上の自己負担額を2回以上支払った場合、申請することによって、それらを合算して限度額を超えた分が支給されます。

▼70歳以上のかたの場合

70歳以上のかたは、外来(個人ごと)の限度額を適用後に世帯ごとの限度額を適用します。

 対象 病院・診療所、歯科の区別なく合算
 自己負担限度額
外来(個人ごと) 外来+入院(世帯ごと)
現役並みの所得があるかた 44,400円 80,100円+{(総医療費− 267,000円)×1%}〕(12ヶ月間で4回以上世帯の限度額を超えて支給を受ける場合は、4回目から限度額は44,400円)
一般 12,000円 44,400円
低所得者 U 8,000円 24,600円
T 15,000円
  • 現役並みの所得があるかたとは、課税所得(各種控除後)が年額145万円以上のかた、および同じ世帯の対象者{対象者の年収が合計520万円未満(対象者1人では383万円未満)の場合は申請により1割負担となります}。
  • 低所得者Uとは、世帯主および国保被保険者が住民税非課税のかたです。
  • 低所得Tとは、世帯主および国保被保険者が住民税非課税かつ各種収入等から必要経費・控除を差し引いた所得が0円となる世帯に属するかたです。
  • 入院した場合は限度額までの負担となりますので、それを超える負担はありません。
  • 低所得者のかたは入院の際に「限度額適用・標準負担額減額認定証」の申請が必要になります。

留意事項

  • 特定疾病で医療を受けるかたは、毎月の自己負担は1万円(上位所得者は2万円)までとなります。
  • 入院中の食事代や差額ベット代などは支給の対象外です。(ただし、入院中の食事代については、申請によって一部軽減される場合もあります。)
  • 国保の給付は2年を経過すると時効となり請求できなくなりますので、早めに手続をしてください。
  • 高額療養費の支給該当者で医療費の支払いが困難なかたに、無利子で高額療養費支給見込額の8割をお貸しする制度(高額療養費の貸付)があります。(国民健康保険税完納、所得額条件等あり)

入院する場合

70歳未満のかた及び70歳以上の低所得者については、限度額適用認定証などの提示により、窓口での支払い額が限度額までとなります。入院前に町民税務課で申請し、認定証の交付を受けてください。

限度額適用認定証交付申請に必要なもの
  • 保険証
  • 印鑑
  • 旧認定証(すでにお持ちのかたのみ)

申請書ダウンロード

関連項目

国保の給付(高額医療費の貸付)

受付窓口及び問い合わせ先

町民税務課 国保医療担当(役場庁舎2階)
電話0238-62-2261
ファックス0238-62-5482
Eメールchoumin@town.oguni.yamagata.jp
住所〒999-1363山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
トップ暮らしの情報保険と年金と税金国民健康保険

国民健康保険へ戻る ページの先頭へ戻る

個人情報利用規程画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ