ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ暮らしの情報健康と福祉高齢者介護が必要になったら

介護保険料(被保険者)

介護保険制度とは

介護保険制度は、40歳以上の方が被保険者となって保険料を納め、介護が必要となったときに費用の一部(1割または2割)を負担してサービスを利用できる制度です。


介護保険料

被保険者 サービス利用
対象者
保険料額 収め方
第1号
被保険者
65歳以上 介護や支援が必要と認定されたかた 住民税の課税状況により、下記のとおり9段階に分かれます。 ・年金額が18万円未満のかたは、納入通知書により収めます。
・年金額が18万円以上のかたは、年金から天引きされます。
第2号
被保険者
40歳以上65歳未満(医療保険加入者) 特定疾病(注1)により介護や支援が必要と認定されたかた 加入している医療保険により異なります。 医療保険料に上乗せされます。
注1:筋萎縮性側索硬化症、後縦靭帯骨化症、骨折を伴う骨粗しょう症、多系統萎縮症、初老期における認知症、脊柱管狭搾症、早老症、糖尿病性神経障害・糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症、脳血管疾患、パーキンソン病関連疾患、閉塞性動脈硬化症、関節リウマチ、慢性閉塞性肺疾患、両側の膝関節または関節に著しい変形を伴う変形性関節症、末期がん

40歳〜64歳までのかたの保険料

国民健康保険税を参照


区 分 対    象    者 介護保険料
(年  額)
第1段階 ◆生活保護を受給しているかた
◆本人及び世帯全員が住民税非課税で老齢福祉年金を受給しているかた
◆本人及び世帯全員が住民税非課税で本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下のかた
31,800円
(28,600)
第2段階 ◆本人及び世帯全員が住民税非課税で、本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超え120万円以下のかた 40,100円
第3段階 ◆本人及び世帯全員が住民税非課税で、本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円を超えるかた 47,700円
第4段階 ◆本人が住民税非課税で、本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下のかた(世帯内に住民税課税のかたがいる場合) 52,800円
第5段階 ◆本人が住民税非課税のかたで、本人の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円を超えるかた(世帯内に住民税課税のかたがいる場合) 基準額
63,700円
第6段階 ◆本人が住民税課税で合計所得金額が120万円未満のかた 76,400円
第7段階 ◆本人が住民税課税で合計所得金額が120万円以上190万円未満のかた 82,800円
第8段階 ◆本人が住民税課税で合計所得金額が190万円以上290万円未満のかた 95,500円
第9段階 ◆本人が住民税課税で合計所得金額が290万円以上のかた 108,300円
  • ◎所得の低いかたに対して保険料の軽減が行われます。第1段階()の額は負担軽減後の額となり、差額3,200円は公費で負担されます。
  • ◎基準額とは、各所得段階において保険料額を決める基準となる額のことです。

減免

災害にあわれた場合など、申請により減免の適用が受けられます。

介護保険料の減免


皆さんが納める保険料は、介護保険を運営していくための大切な財源です。介護保険料を納めないでいると、滞納期間により、保険給付が受けられないなどの措置がとられます。

必要になったときに必要なサービスを利用できるように、保険料は必ず納めましょう。

関連項目

町税、後期高齢者医療保険料、介護保険料の納付方法
介護保険料の振替日

受付窓口及び問い合わせ先

町民税務課 課税担当(役場庁舎2階)
電話0238-62-2403 ファックス0238-62-5482
Eメールchoumin@town.oguni.yamagata.jp
住所〒999-1363山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
トップ暮らしの情報健康と福祉高齢者介護が必要になったら

介護が必要になったらへ戻る ページの先頭へ戻る

個人情報保護利用規程画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ