ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ暮らしの情報健康と福祉健康と医療妊娠・出産

小国町特定不妊治療費助成

町では、妊娠、出産の環境向上と少子化対策の一環として、不妊に悩み、不妊治療を受けているご夫婦の経済的な負担を軽減するため、 指定医療機関において特定不妊治療(体外受精及び顕微授精)を受けたご夫婦に治療費の一部を助成します。

助成を受けることができるかた

小国町に住所があり、山形県特定不妊治療費助成事業の対象となるかた、又は夫婦合算の所得額(控除後の額)が730万円未満であるかた(妻の年齢制限はありません)

助成額

医療機関に支払った自己負担額に対し、山形県特定不妊治療費助成に上乗せし、上限10万円を助成。

(ただし、凍結胚移植の場合「治療ステージC」及び中止した場合「治療ステージF」は上限5万円を助成。)

また、男性不妊治療費を含む場合は、「治療ステージC」を除き、上限10万円を助成。

申請方法

山形県特定不妊治療費助成決定通知日の翌月末日まで、又は治療終了日から2か月後の月末まで、町へ申請してください。

申請に必要な書類

@ 特定不妊治療費助成事業申請書

A 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(県助成該当者は証明書の写し)

B 「山形県特定不妊治療費助成金給付決定通知書」の写し(県助成該当者のみ)

C 特定不妊治療に要した費用に係る領収書の写し (県助成該当者は不要です)

D 夫および妻の所得額を証明する書類(市町村長が発行する控除明細のある所得課税証明書。申請時期が1月から5月の場合は前々年分、6月から12月は前年分が必要です。) (県助成該当者は不要です)

E 所得額算出表 (県助成該当者は不要です)

助成を受けることのできる回数

◇ 出産ごとに初めて助成を受けた時の治療開始日における妻の年齢が40歳未満の場合
⇒ 通算6回まで

◇ 出産ごとに初めて助成を受けた時の治療開始日における妻の年齢が40歳以上の場合
⇒ 通算3回まで


 詳しくは、健康福祉課へご相談ください。
(申請書様式についてもこちらにお問い合わせください。)

    

受付窓口及び問い合わせ先

健康福祉課 地域保健担当(健康管理センター内)

電話 0238-61-1000

ファックス 0238-61-1005

Eメール kenkou@town.oguni.yamagata.jp

住所 〒999-1356 山形県西置賜郡小国町大字あけぼの1-1

トップ暮らしの情報健康と福祉健康と医療妊娠・出産

妊娠・出産へ戻る ページの先頭へ戻る

個人情報利用規程画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ