ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

ここからページの内容です

トップお知らせ一覧その他

冬季暫定水量の算定方法の変更について

最終更新日:2019年12月2日
問合先:地域整備課

12月分の上下水道料金より冬季暫定水量による請求となります

例年どおり、12月〜翌年4月までは降雪により水道メーター検針ができませんので、冬季暫定水量にて上下水道料金を請求させていただきます。

また、例年の冬季暫定水量の計算方法などについて、今年度より一部変更して運用させていただきますので、下表にてご確認ください。また、各世帯の冬季暫定水量については、別途個別に通知いたします。


平成30年度まで 令和元年度から
冬季暫定期間 12月から翌年4月
冬季暫定水量 1年間の平均使用水量×0.9 11月の使用水量
(冬季暫定期間中に使用開始する場合は、世帯人数により設定します)
精算額より多く納付した場合 精算額との差額を支払口座等に還付 基本的に翌月以降の水道料金に充当
精算額より少なく納付した場合 翌年5月に精算額との差額を請求

問合先

 地域整備課 水道業務担当(役場庁舎3階)
トップお知らせ一覧その他
その他へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ