ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップお知らせ一覧その他

「野生きのこ」の出荷自粛について

最終更新日:2018年9月1日
問合先:小国町 産業振興課

〜町からの重要なお知らせです〜
      

「野生きのこ」の出荷自粛について



栃木県那須塩原市の産直施設で販売された小国町内から採取したとされる野生きのこ「チチタケ」から、食品衛生法に基づく放射性物質基準値(100ベクレル/kg)を超える値が検出されたとの情報が8月22日に栃木県から山形県にありました。

このため、山形県では、8月27日に小国町内から「チチタケ」の検体を採取し、放射性物質検査を行ったところ、2検体のうち1検体より、基準値を超えて検出されたことから、8月28日に、山形県より町に対して、「『野生きのこ』の出荷自粛等について」の通知がありました。これにより、

町内で採取される『野生きのこ』については、出荷自粛となります。
今シーズン採取された野生きのこについては、加工品を含めて、出荷・販売が出来ませんので、取り扱いにご注意願います。

なお、町内では、「チチタケ」は一般的に流通しておりません。

今後、町では、国・県の指導を受けながら、出荷自粛解除に向けて取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。


チチタケ

● 野生きのことは、栽培や生育管理によらず、自然界に自生しているきのこのことです。

● 町産の山菜について

自生山菜については、県が小国町産を始め流通段階で放射性物質検査を行い基準値(100ベクトル/kg)未満であることを確認しています。
  なお、過去の検査結果につきましてはこちらをご覧ください。
  http://www.pref.yamagata.jp/sangyo/ringyo/ringyo/7140023sansai-hoshasen.html
                                 (山形県ホームページ内へリンク)



 放射線物質検査結果

採取日 検査日 品目 採取地域 検査結果(単位:ベクレル/kg)
放射性ヨウ素 放射性セシウム
セシウム134 セシウム137
8月27日 8月28日 チチタケ
(野生)
小国町 不検出
(<6.8)
不検出
(<8.8)
110
8月27日 8月28日 チチタケ
(野生)
小国町 不検出
(<7.1)
不検出
(<9.9)
9.0
食品中の放射性物質の基準値 100

                                                                (検査機関:日本環境科学株式会社)


放射能物質検査の結果等(自生山菜、野生きのこを含む)の情報については、県のホームページでもご確認いただけます。

  ● 県ホームページ



また、野生きのこの採取について林野庁で留意点をまとめていますので、こちらもご覧ください。

  ● 林野庁ホームページ

問合せ先

 小国町産業振興課 森林振興担当
トップお知らせ一覧その他
その他へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ