ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

ここからページの内容です

トップお知らせ一覧その他

平成31年度風しん追加的対策及び高齢者肺炎球菌予防接種について

最終更新日:2019年3月27日
問合先:健康福祉課

 

2018年7月以降、風しんの患者数が増加し、患者の中心が30代から50代の男性であることから、今後の風しんの発生及びまん延を予防するための早急な対策が必要となりました。

追加的対策の概要
 抗体保有率の低い現在39歳〜56歳の男性に対し、

 @予防接種法に基づく定期接種の対象とし、3年間(2022年3月31日まで)全国無料で定期接種を実施します(風しんの第5期定期接種)。 

 Aワクチンの効率的な活用のため、予防接種の前に抗体検査を受けていただくこととし、抗体検査を全国無料で実施します。

 B抗体検査については、医療機関の受診、事業所健診や住民健診の機会にも受けることができるように体制を整備します。




 

厚生労働省では、2019年度から2023年度までの5年間、引き続き、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳又は100歳となる日の属する年度の初日から当該年度の末日までの間にあるかたを定期接種の対象とすることとしました。

なお、2019年度中においては、100歳以上のかたも定期接種の該当となります。

ただし、定期接種の対象は未接種のかたとなり、接種の期間は1年間となります。

対象のかたには、後日、個別にご案内を送付いたします。

問合先

 健康福祉課 地域保健担当(健康管理センター)
トップお知らせ一覧その他
その他へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ