ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

ここからページの内容です

トップお知らせ一覧行政

小国町産「野生きのこ(ナメコ)」の出荷自粛が解除されました。

最終更新日:2020年2月28日
問合先:農林水産部
防災くらし安心部

平成29年8月に町内で採取され、栃木県で販売された野生きのこ(チチタケ)から、食品衛生法の基準値(100Bq/s)を超える放射性セシウムが検出されたため、野生きのこの出荷を自粛してきました。

このため、町では山形県と連携し、町内における野生きのこの検体採取事業を展開し、その安全性を確認してきましたところ、この度、野生きのこのうち、ナメコについては、全町から均等に採取した検体のすべてにおいて、安定して基準値を下回ることが 確認できたため、令和2年2月28日付で出荷自粛解除となりましたのでお知らせします。

今後は、県が定める検査計画と出荷管理方法に基づき、天然ナメコの出荷が可能となります。


 ■ 出荷自粛一部解除に係る「野生きのこ『ナメコ』」の検査結果

検体数 検査日 採取地域 検査結果(単位:ベクレル/kg)
放射性
ヨウ素
放射性セシウム
セシウム134 セシウム137
64 平成29年10月25日
〜令和元年12月2日
小国町 不検出 不検出 不検出
〜15
食品中の放射性物質の基準値 - 100

 (※検査機関:日本環境科学株式会社)



▼詳細は、山形県ホームページ内「小国町産野生きのこ類の放射性物質検査について」でご覧いただけます。

 山形県ホームページ内へリンク


問合先

  農林水産部 森林ノミクス推進課
 防災くらし安心部 食品安全衛生課
トップお知らせ一覧行政
行政へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ