▼以下のサイトで返礼品がお選びいただけます。














ふるさと納税のお申し込み

1.申し込み方法

      

寄付の申し込みは、次の3通りの方法があります。

@インターネットから申し込む

納付方法は以下の中からお選びいただけます。

  ゆうちょ銀行・郵便局 / 銀行振込 / 現金書留 / クレジット
 

▽ お申し込みはこちらから。
   http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/06401
    【ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」HP内へリンク】


   https://kifu.f-regi.com/contribute/oguni_town/
    【クレジット納付サイト「F-REGI」HP内へリンク】

A申込書をダウンロードして申し込む
 
  1. 下の「寄付申込書」ダウンロードのボタンをクリックすると、PDFファイル(486KB)の申込書が開きますので、印刷をしてください。           
  2. 申込書に必要事項を記入のうえ、ファックスまたは郵送でお申し込みください。
  3. お申し込みが完了すると、記入された連絡先に、小国町より申込み完了の旨通知いたします。
申込書のダウンロード
B電話・FAXで申込書を請求して申し込む
1.電話または、ファックスで申込書をご請求いただくと、ファックス、郵便のいずれかの方法で申込書を送付いたします。
 
  お問い合わせ先
  小国町役場 総務企画課 移住定住促進室 移住定住促進担当
  電話番号 0238-62-2264
  ファックス番号 0238-62-5464

2.申込書に必要事項を記入のうえ、ファックスまたは郵送でお申し込みください。
3.お申し込みが完了すると、記入された連絡先に、小国町より申込み完了の旨通知いたします。
郵送先
〒999-1363
山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
小国町役場 総務企画課 移住定住促進室 移住定住促進担当 宛
ファックス番号 0238-62-5464

※お申込み完了の連絡後、2週間以上経っても、申込受付の通知が届かないときは、恐れ入りますが担当までお問い合わせください。

なお、実際の寄付金の払込みは、お申し込みと同時ではなく、町から送付する通知を受け取り後、その案内に従ってお願いします。


(※クレジット納付を選択された場合は、申込受付の通知の発送はありません。)


2.申込受付の通知の受け取り

申込書の受領後、小国町から、申込受付の通知をお送りします。

※申込書を送ってから2週間以上経っても、届かないときは、恐れ入りますが担当までお問い合わせください。

(※クレジット納付を選択された場合は、申込受付の通知の発送はありません。)


3.寄付金の払い込み

寄付金の払い込みには、次の3通りの方法があります。申込み時に方法を選択してください。

(※クレジット納付を選択された場合は、クレジット決済となります。)

@郵便振込
専用の払込用紙を郵送いたしますので、お近くの郵便局で寄付金の払い込みをお願いします。手数料はかかりません。
A銀行振込
寄付金の振込口座を記載した通知書を郵送いたしますので、お近くの金融機関の窓口又はATMからお振込みをお願いします。その際の手数料については、大変申し訳ありませんが、寄付をされる方で負担してくださいますようお願いします。
B現金書留
納入を依頼する通知書を郵送いたしますので、通知を受け取った後に、現金書留封筒に必要事項をご記入いただき、寄付金を封入のうえ、小国町総務企画課あてに郵送をお願いします。その際の郵送料等については、大変申し訳ありませんが、寄付をされる方で負担してくださいますようお願いします。

4.受領書の受け取り

小国町から、寄付金を受領した旨の通知をお送りします。

※申告(税額控除)に必要ですので、大切に保管してください。

※希望されたかたにはワンストップ特例申請書様式を一緒に送付いたします。

▼ワンストップ特例の申請については総務省ホームページでご確認ください。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト

5.確定申告

3月15日までに最寄の税務署に確定申告します。

(確定申告が不要な方は住所地の市区町村に申告します。)

※確定申告が不必要なかたでワンストップ特例申請をご希望されるかたは、下記の申請書を記入のうえ、小国町役場 総務企画課 移住定住促進室までご提出ください。

☆PDF版はこちらから☆


なお、マイナンバー制度の施行に伴い、平成28年1月1日以降のふるさと納税にかかる特例申請書には、個人番号の記載が必要となりました。

さらに、個人番号確認及び本人確認のため、次の@またはAの書類の添付が必要となります。

  • @ 「個人番号カード」(表と裏)の写し
  • A 「通知カード等※1」の写しと「本人確認ができる書類※2」の写し

※1「通知カード等」は、個人番号通知カードのほか、個人番号が記載された住民票などでも結構です。

※2「本人確認ができる書類」は、次のAのうちから1点、またはBのうちから2点必要です。

  • A:運転免許証、運転経歴証明書(H24.4.1以降交付のもの)、旅券、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書など
  • B:生活保護受給者証、健康保険の被保険者証、介護保険の被保険者証、医療受給者証、各種年金証書、児童扶養手当証書など

6.税額の減額

寄付金額に応じて、税額が減額されます。

  • 所得税の還付
  • 住民税の税額控除

(控除後の税額で翌年度の住民税が課税)