ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり小国町指定文化財

済広寺の阿弥陀如来像

済広寺の阿弥陀如来像

藤原様式をもつ鎌倉仏と推定される。誠に端正な穏やかな容姿であり、衣紋には翻波さえ残っている。檜造で、像高は55センチメートル、蓮座は31センチメートル。本寺にもたらされた由来などは不明であるが、古来より秘仏として畏敬され、見ると目がつぶれると伝えられていた。

彫刻
第2号
指定年月日
昭和57年3月31日
所在地
小国町大字叶水(済広寺)
トップ資料とまちづくり小国町指定文化財
小国町指定文化財へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ