ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介

小国町の文化財紹介 bT


舟渡の獅子踊り(ふなとのししおどり)
 

名  称  舟渡の獅子踊り(ふなとのししおどり)
指定区分  小国町指定文化財(民俗芸能第2号)
指定年月日  昭和59年3月31日
伝 承 地  小国町大字舟渡地区
主催者(団体)  小国町大字舟渡公民館青年文化部・舟渡獅子踊り保存会
上演の機会と
時期
 沖庭神社の祭礼(秋)を奉祝し、併せて豊作祈願と感謝のため行う。
 かつては菊の節句(9月9日)に実施。現在は2年に1回、菊の節句前後に開演される。
 最近では、平成28年9月11日、舟渡活性化センター脇の広場にて上演された。
概  要  JR小国駅の北方、車で10分程の所に、小国町指定文化財「舟渡の獅子踊り」が伝承されている舟渡地区がある。ここに伝わる獅子踊りの起源は詳らかではないが、次の様な説がある。
 「越後の上杉景勝が、信州上田の真田幸村を上杉家の人質としたことがあった。その時、父の昌幸は我が子を慰めるために、信濃の上田付近の獅子踊りを越後につかわした。これを習い覚えたのが、この踊りが越後に広まる始まりで、景勝は保護奨励した。やがて慶長三年(1598)景勝は会津(置賜郡も含む)移封となり、それにより当地方にも広まる事となった。」 −小国の文化財−による。
 この獅子踊りは、明治初期までは地区総代により引き継がれてきたが、その後一時中断し、昭和二十二年三月三日、若連中の組織(昭和57年舟渡公民館青年文化部に合併)により復活し現在に至っている。構成は、祝豊年の大纏・纏脇・大頭・踊り子・獅子かぶり・笛吹き・掛唄・面摺等からなっている。演目は、掛歌、一番庭(二番庭、三番庭とも)@廻り太鼓A連れ太鼓B女獅子狂い・雄獅子狂いCはね太鼓D花吸いE面摺り等であり、褒め言葉、返し言葉等と続き、お花の御礼や披露等も行われ、開始後約二時間で終了となる。
 

関連情報

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介
資料とまちづくりへ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ