ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介

小国町の文化財紹介 bS


越中里の板碑(えっちゅうさとのいたび)
 

名  称  越中里の板碑 (えっちゅうさとのいたび)
寸 法  高さ60cm 
 巾 頭部20cm.基部20cm 
 厚さ 頭部11cm.基部10cm、首部8cm
指定区分  小国町指定文化財(建造物第1号)
指定年月日  昭和57年3月31日
所 在 地  小国町大字越中里83番地
所 有 者  越中里公民館
概  要  板碑は一種の供養碑であり、鎌倉時代に発生し、室町時代に盛んに建立されたものが見受けられる。置賜地方では江戸初期頃まで建立されていたようである。
 板碑には種子、紀年銘、供養者名などが彫られているものもあるが、この板碑にそれらは見られない。また伝統などもないので建碑の事情は不明である。完形板碑の大きさは、高さ60cm、巾20cm、石材は凝灰岩で形式は置賜型に分類される。この板碑の近くに頭部のみ残っているものが更に2基ある。  置賜地域内では863基の板碑が発見されているが、小国町では現在のところ、越中里の完形1基、破損2基、計3基のみである。

 鳥居をくぐり、板碑の先の自然石を敷いた石段を上っていくと菅原神社がある。ここには、町指定文化財である「菅原神社の男神像」が祀られている。
問い合わせ先 小国町教育委員会(おぐに開発総合センター内)
 住所:〒999-1352 山形県西置賜郡小国町大字岩井沢704番地
 電話番号:0238-62-2141
 ファックス番号:0238-62-2143
 Eメール:kyouiku@town.oguni.yamagata.jp
 

関連情報

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介
資料とまちづくりへ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ