ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介

小国町の文化財紹介 bR


笹生代官屋敷跡(ささおだいかんやしきあと)
 
名  称  笹生代官屋敷跡 (ささおだいかんやしきあと)
敷 地  約4反9畝(約49アール)
指定区分  小国町指定文化財(史跡第5号)
指定年月日  昭和60年3月31日
所 在 地  小国町大字増岡・笹生屋敷
所 有 者  個人
概  要  ここは、上杉景勝が置賜を所領したとき、代官として小国の民生を担当した笹生源左ェ門広秀と、その子久兵衛洪秀父子が60年にわたり住まいしたところである。敷地は一辺約70メートルの方形で、その一部が残っている。
 慶長6年8月、上杉景勝は会津120万石から米沢30万石に減封されたが、家臣は一人も離さず引き連れて米沢に移ってきた。そのため住宅、食料対策に重点がおかれ、米の増産、開墾の奨励にあたられた。これまで水利の便が悪かった未使用の土地を開墾し、堰を設け水を通して開墾・開田の事業を進められた。三岡(増岡、松岡、泉岡)、三原(新原、町原、長者原)などは開田の対象となったことで知られる。増岡は、久兵衛の時古田に井の下堰(増岡堰)をつくり金目川を引き入れ開田した。現在、代官屋敷跡には「蔵主権現」が祀られ、鳥居と祠、そして、樹齢300年と推定される杉の大木がある。屋敷取りこわしの際蛇が出てきたので、蔵主として祀ったと言われている。
問い合わせ先 小国町教育委員会(おぐに開発総合センター内)
 住所:〒999-1352 山形県西置賜郡小国町大字岩井沢704番地
 電話番号:0238-62-2141
 ファックス番号:0238-62-2143
 Eメール:kyouiku@town.oguni.yamagata.jp
 

関連情報

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介
資料とまちづくりへ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ