ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介

小国町の文化財紹介 bQ


黒沢峠の敷石道(くろさわとうげのしきいしどう)
 

名  称  黒沢峠の敷石道 (くろさわとうげのしきいしどう)
全 長  約1.7km
指定区分  小国町指定文化財(史跡第2号)
指定年月日  昭和57年3月31日
所 在 地  山形県西置賜郡小国町大字黒沢
所 有 者  国有地・町道
概  要  大永元年(1521)伊達稙宗が大里峠を開き、越後街道十三峠が整備されていった。黒沢峠はその一つであるが、峠道の悪路を改良するため敷石工事が行われた。石畳みは長い年月の間に土に埋もれてしまったが、昭和55年、地元住民らにより発掘された。楢の木平を中心に、1.7km余りの道のりに約200枚の砂岩の切り石が敷かれている。この敷石を切り出した石切り場も近くから発見されている。工事は天保10年から慶応3年までの10年余りをかけ行われた。黒沢峠敷石道の属する越後・米沢街道は、平成8年文化庁選定の「歴史の道百選」にも選ばれている。
 往時の人々や物資の往来、そして工事に携わった人達の思いが伝わってくる黒沢峠敷石道は、小国を代表する史跡の一つである。
問い合わせ先 小国町教育委員会(おぐに開発総合センター内)
 住所:〒999-1352 山形県西置賜郡小国町大字岩井沢704番地
 電話番号:0238-62-2141
 ファックス番号:0238-62-2143
 Eメール:kyouiku@town.oguni.yamagata.jp
 

関連情報

トップ資料とまちづくり歴史・文化小国町の文化財紹介
資料とまちづくりへ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ