ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

山形県小国町

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり平成28年度決算

平成28年度一般会計決算

歳入の部(町に入ってきたお金)

67億1,389万7千円 対前年度比(▲1.2%)

入ってきたお金

町 税
町民税は、税率改正による法人税割の引き下げや中核企業における資本金の変更等により法人住民税が減少しましたが、前年給与所得等の回復により個人住民税が増加し、対前年度比4.1%の増となりました。固定資産税では、景気を反映した設備投資の拡大などから償却資産は増加したものの、家屋の除去等により対前年度比1.4%の減となりました。町税全体では、対前年度比0.9%の増となりました。
国・県支出金
国庫支出金は、年金所得者等支援臨時福祉給付金、社会資本整備総合交付金などが増加しましたが、社会保障・税番号システム整備費、地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金などの減少により、対前年度比1.8%減の4億2千275万9千円となりました。
県支出金については、農業基盤整備促進事業費、元気な6次産業化応援プロジェクト補助金などの増加により、対前年度比10.0%増の3億6千78万円となりました。
町 債
町債は、防災情報伝達システム整備により、対前年比55.4%増の8億6千230万となりました。普通建設事業に充当した町債は、償還財源として交付税措置のある有利な起債の活用に努め、過疎対策事業債で2億6千10万円(道路整備事業、消防自動車購入など)、緊急防災・減災事業債で3億9千880万円(防災情報伝達システム整備など)を発行しました。



歳出の部(まちづくりに使ったお金)

63億3,866万9千円 対前年度比(+1.3%)

使ったお金

義務的経費
義務的経費については、人件費は減額となりましたが、扶助費及び公債費が増額したため、対前年度比2.3%の増となりました。人件費は職員共済費及び時間外手当の減などにより、対前年度比1.3%、1千94万5千円の減額となりました。扶助費は福祉医療費の拡大、年金所得者等支援臨時福祉給付金の増になどにより、対前年度比2.7%、1千568万8千円の増額となりました。また、公債費では平成23年度過疎対策事業債(小国小学校改築事業など)及び平成24年度一般単独事業債(勤労者住宅整備事業など)の元金償還が開始したことなどから、対前年度比6.6%、4千151万3千円の増額となりました。
投資的経費
投資的経費は、対前年度比69.0%、3億6千896万3千円の増額となりました。普通建設事業では、町道松岡黒沢峠線道路整備事業、町道橋補修事業などを継続して実施したほか、農業基盤整備促進事業、きのこ産業づくり推進事業、防災情報伝達システム整備などを実施しました。



【問合先】
 総務企画課 財政担当
  住所〒999-1363 山形県西置賜郡小国町大字小国小坂町2-70
  電話0238-62-2264 ファックス0238-62-5464 Eメールsoumu@town.oguni.yamagata.jp
トップ資料とまちづくり平成28年度決算
平成28年度決算へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ