ページの先頭です

共通メニューをスキップして本文へジャンプします

ここからページの内容です

トップ資料とまちづくり平成31年度施政方針

白い森の魅力を磨く「環境」づくり

次に、白い森の魅力を磨く「環境」づくりについて申し上げます。


小国の住宅総合支援事業では、ペレットストーブ等の購入経費の一部を支援するとともに、県みどり環境交付金制度を活用して、小学生の親子を対象とした森林体験学習の開催や、刈払機とチェンソーの安全操作講習を継続して実施します。


ニホンザルやイノシシ等の野生鳥獣による農作物への被害を軽減するため、鳥獣被害対策実施隊による捕獲等を実施します。併せて、被害防止に向けた電気柵の設置や狩猟免許取得への支援等を引き続き行います。


自主防災組織に対し、防災資機材の購入助成を行うとともに、町中心部における自主防災組織の設立に向け取り組みます。併せて万一に備え、避難所の食料や水などの備蓄品を整備します。


消防水利の整備では、針生と平林地区に、それぞれ防火水槽を新設いたします。また、大石沢地区に小型動力ポンプと搬送用の軽車両を整備し、機動性の向上を確保します。


消防団の活動装備を改善するため、活動服を更新するとともに、ヘルメットに装着するヘッドライトを配備します。


克雪対策では、国の補助事業を活用してロータリ除雪車1台を更新します。また、高齢者世帯の自宅周囲等の除雪経費を支援する高齢者等暮らし応援事業と住宅道路除雪事業を引き続き実施します。


新潟山形南部連絡道路につきましては、昨年10月に「小国道路」13キロのルート帯案が決定され、実現に向けて大きく前進しましたので、引き続き関係機関と連携を密にして早期事業化を働きかけていきます。


町道の改良では、松岡黒沢峠線、長者原内川線、長沢三面線、舟渡上平線を継続実施するほか、新たに代場山線を整備します。


上水道については、針生配水池の取り付け道路の舗装工事を行うほか、緑町に消火栓の設置を行います。

下水道事業では、小国浄化センターの浄化設備を対象にストックマネジメント計画を策定し、計画的に設備等の長寿命化を図っていきます。


工業用水道については、浄水場設備の更新と電気設備、ポンプの修繕等を実施し、安定的な給水体制を維持していきます。また、給水開始から20年を経過しましたので、敷設した導水管内部の調査を行います。


町営バスについては、効率的な運行を確保するため、運行本数や系統の見直しを行います。


町営住宅小坂町団地の浴室設備が老朽化していますので、全室の設備を更新します。


町立病院では、人口減少等の外部環境の変化に伴い経営状況は依然として厳しいところですが、地域包括ケアシステムの中核施設であり、町民の一次医療の拠点でもありますので、医業サービスの確保に努めるとともに、電子カルテの更新を行います。


10月から運用が始まる地方税の電子化に対応するため、システムの改修を行います。これにより、書類による確定申告に加え電子申告等が可能となります。

次へ

トップ資料とまちづくり平成31年度施政方針
平成31年度施政方針へ戻る ページの先頭へ戻る
個人情報利用規定画像等の使用リンクについて免責事項サイトマップ